手軽でありながら問題も?WEB面接が抱える今後の課題とは?

普及し始めた段階のWEB面接 課題解決は必須

WEB面接は、応募者が自宅にいながら面接を受けられること、また、面接者もインターネットに接続されたパソコンがあれば応募者と面接できるため、コスト削減に効果的です。

しかし、WEB面接が普及し始めて間もないこともあり、さまざまな課題があります。

WEB面接において、どのような点が課題となっているのか、また、その課題を解決するにはどのように対応していけば良いのでしょうか。

WEB面接による流出は大丈夫?個人情報の問題

WEB面接の問題点として、「個人情報」に関することがあります。

WEB面接を行う場合は、面接者、応募者の双方がビデオチャットが使えるアプリを利用しますが、中には、専用IDを必要とするビデオチャットアプリもあります。

IDが必要なアプリの場合は、個人情報の問題やセキュリティの問題などで不安になる場合があります。

そのほか、WEB面接時の画像が、何らかのきっかけによって流出する可能性も十分に考えられます。

WEB面接の利用拡大のためには、ネット利用における個人情報の問題解決が不可欠です。

 

意思疎通のすれ違いも?ミスコミュニケーションの問題

また、WEB面接においては、ミスコミュニケーションが問題となることがあります。

ミスコミュニケーションとは、双方の意思疎通がうまくとれていない状態を指しますが、ミスコミュニケーションは、面接に限らず、通常のビジネスシーンにおいても見られることがあります。

特に、WEB面接の場合は、画質や音質の不具合によって、相手の表情が読み取れなかったり、声が聞き取りにくくなったりする場合があります。

そのため、ミスコミュニケーションが発生しやすい状況となるのです。

WEB面接では、通常の面接以上に、ゆっくりと、しかも滑舌良くはっきりと話すことが大切です。

また、面接者は質問の内容を具体的にわかりやすく、応募者は、面接者に伝わるように答えることを心がけましょう。

 

面接中に通信が不安定に?通信トラブルの問題

そのほかの問題として、通信機器のトラブルの問題があります。

WEB面接においては、ビデオチャットアプリをインターネットに接続した状態で行いますが、応募者がWi-Fiなどの無線を利用したインターネット接続を行っていると、通信が不安定になる場合があります。

このような問題を解決するためには、面接者側のインターネット接続を安定させることはもちろんのこと、応募者側のインターネット環境についても配慮する必要があります。

インターネット環境を安定化させるためには、有線LANケーブルによる接続が確実となるので、応募者に対し、有線LANケーブルの利用を推奨すると良いでしょう。

 

WEB面接特化型のアプリで問題を解決

これらの問題を解決するためには、WEB面接に特化したアプリを利用すると良いでしょう。

WEB面接特化型のアプリなら、ID登録を行わずにビデオチャットを利用するので、セキュリティの面から見ても安心して利用できます。

また、ビデオチャットアプリの中には、高画質や高音質なもの、WEB面接が効率的に進められる機能がついている場合もあります。それらのアプリを利用すると、WEB面接が円滑に進みやすくなります。

WEB面接においてはさまざまな課題がありますが、それらの課題をクリアしたビデオチャットアプリも数多く登場しています。

課題を一つ一つクリアしながら、WEB面接を実施してみてはいかがでしょうか。

 

さらに詳しい「WEB面接システム」に関するおすすめ記事もご覧ください。
WEB面接システムの企業メリットデメリットや導入効果について解説!

インタビューメーカーのSNSをフォローして最新情報をチェックしよう!
>インタビューメーカー

インタビューメーカー

顧客満足度No.1
Web面接特化型システム

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。