商社の面接を受けることに!求められることはどんなこと?

求人倍率が高いことで知られる「商社」

世界的なスケールで商品の輸出入を手がける商社は、就活生の間では高い人気を誇ることから、求人倍率が高いことで知られています。

そのため、他の業界と比較すると、早い時期から就活の事前準備をしっかりと行う必要があります。

商社の面接で抑えておきたいポイントとしては、どのようなことがあるのでしょうか。
 

 

商社で求められることは「行動力」

商社は就活生からの人気が高い業界としても知られており、その倍率は100倍前後とも言われています。

総合商社の伊藤忠商事は、2015年4月に行われた入社式の社長メッセージをホームページに掲載していますが、それによると、総合職における倍率は74倍とのことです。
 
参照元:伊藤忠商事(プレスリリース)
https://www.itochu.co.jp/ja/news/press/2015/1504011.html
 
このことからも、商社への入社は狭き門であることが分かります。

また、商社では、大規模に商品を取り扱うことから、スケールの大きな業務を行う必要があること、また、新たなビジネスを創造するために、多くの人々を巻き込みながら業務を進める必要があります。

そのため、行動力リーダーシップが求められるのです。
 

志望動機や逆質問は、どんな内容が最適?

それでは、商社の面接においては、どのような志望動機が最適なのでしょうか。

総合商社の特徴としては、世界的なビジネスに携わっており、日本国内はもちろんのこと、世界各国の人々の生活に貢献していることです。

そのため、商社のビジネスに携わることで、日本だけではなく、世界の人々の暮らしを豊かにしたい、という気持ちを前面に出す方法が効果的です。

例えば「御社の企業理念に強い感銘を受けました。豊かな社会づくりは、私の人生における目標でもあるので、同じ理念を持つ企業にぜひとも入社したいと考えました。」という内容があります。

また、商社では求人倍率が高いこともあり、面接回数が多くなる傾向にありますが、やはり気になるのが最終面接での逆質問です。

逆質問では、どのような質問が良いのでしょうか。

商社は、多くの商品を、とりわけ総合商社はあらゆる分野の商品を取り扱っていることから、今後の経済動向を加味した上での逆質問が効果的でしょう。

例えば、「日本では少子高齢化が問題化しており、今後、日本国内における需要増は見込みにくい状況ですが、そのような環境であっても、有望性が感じられる分野はどの分野とお考えですか。」という内容があります。

今後の経済動向を踏まえた質問を行うことで、「業界研究を十分に行っている」という評価が得られやすいことでしょう。
 

そのほか、面接で抑えておきたいことは?

そのほか、商社での面接において抑えておきたいこととしては、早めに就活を進めることです。

就活の前哨戦とも言えるのが夏休みに開催されるサマーインターンです。

希望する企業で働く体験をすることによって、企業の社風や雰囲気を感じ取ることができるほか、面接では、自分の意見を的確にまとめることができるようになります。

インターンの日程が発表されたら、早めにエントリーしておきましょう。

また、基本的なことですが、身だしなみも重要です。

身だしなみの中でも、特に気を配りたいのが髪型です。

髪型がスッキリとしていることにより、面接官からの印象がアップしやすくなります。

男性の場合は全体的に短めの髪型にしておきましょう。

女性の場合、スッキリとした印象とするために、ロングの場合は、黒のゴムでまとめておきましょう。

また、前髪が長めであるなら、ピンで留めてスッキリさせましょう。

面接を受ける場合は、身だしなみなど、細かい点にも気を配ることを忘れないようにしましょう。

(画像は写真ACより)

インタビューメーカーのSNSをフォローして最新情報をチェックしよう!
>インタビューメーカー

インタビューメーカー

顧客満足度No.1
Web面接特化型システム

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。