冷静な問題解決が求められるコンサルタント 面接で求められることは?

 

論理的思考能力や精神力こそ重要

コンサルタントは、企業などから経営改善などの問題を提示されることから、他の業界と比較すると、論理的思考能力や精神力が要求されます。

また、コンサルティングの現場において提示される問題は、難問が多いこともあり、面接においては、コンサルティングの課題の擬似的な内容である「ケーススタディ」が実施されます。

ケーススタディは難しい内容が多いので、本を読むなどして事前準備を十分に行った上で、本番に臨みましょう。

コンサルタントに求められる能力とは?

コンサルタントは、企業などのクライアントが抱える問題を解決するために、問題解決のためのアドバイスを行い、改善の方向へと導く仕事です。

コンサルタントは、クライアントの問題を解決するだけではなく、さらに、付加価値を高めた改善法を提示することで、より信頼性の高いコンサルタントへとステップアップできます。

コンサルタントに求められる能力としては、論理的な思考力コミュニケーション能力があります。

問題を解決の方向へと向かわせるためには、「なぜ、この問題が発生しているのか?」、「問題の発生原因を解消するには、どうすれば良いか?」というように、論理的な思考で疑問を繰り返すことが重要です。

それによって、問題解決の糸口が見えやすくなります。

また、問題の解決方法を提示する場合も、クライアントに対し、論理的に説明することにより、より具体的な解決方法を提示できます。

その場合、コミュニケーション能力が高ければ、さらに効果的です。

そのほか、コンサルタントに求められる能力には、精神的な強さがあります。

困難とも思える課題に取り組むためには、どのような状況であっても精力的に取り組む強さが必要だからです。

難問ぞろいの「ケーススタディ」どのように対策する?

コンサルタントは、問題解決のために努力し、結果を出すことが求められることから、面接においてはケーススタディが行われることがあります。

ケーススタディとは、コンサルタントの現場において提示される課題と同様の課題を面接中に問うことです。

一例として、「都心では待機児童が増加しているが、待機児童の問題を抜本的に解消する方法は?」という課題があります。

このように、ケーススタディにおいては、回答に詰まってしまうような課題が出題されます。

ケーススタディの事前準備としては、ケーススタディに関する本を熟読しましょう。

面接の当日に、どのようなケーススタディの課題が提示されるかは未知数ですが、ケーススタディに関する本を熟読することで、ケーススタディの傾向を理解できるようになります。

最初はケーススタディが慣れないと感じるかもしれませんが、ケーススタディの回数をこなしながら徐々に慣れていきましょう。

コンサルタントの面接で適切は逆質問は?

また、コンサルタントの面接では、逆質問にも頭を悩ませます。

それでは、どのような逆質問が効果的なのでしょうか。

一例としては、「コンサルタントに重要な能力として、『問題解決力』や『コミュニケーション能力』、『精神力』がありますが、最も重要視される能力はどの能力でしょうか?」という質問があります。

質問において、すでにコンサルタントに求められる能力が述べられていることから、面接官は、「コンサルティングの業界について理解している」と判断することでしょう。

コンサルタントの面接は、「ケーススタディ」が含まれることもあり、他の業界の面接と比較すると面接回数が多い傾向にありますが、一つ一つの面接を丁寧にこなしながら、最終面接へと臨んでいきましょう。

(画像は写真ACより)

インタビューメーカーのSNSをフォローして最新情報をチェックしよう!
>インタビューメーカー

インタビューメーカー

顧客満足度No.1
Web面接特化型システム

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。