金融業界の面接を受けることに!どんなことが求められる?

 

金融について幅広く学ぶ姿勢が重要

金融業界は、堅いイメージが先行することもあり、面接は難しいのではないか、と感じる方は多いのではないでしょうか。

金融業に従事すると、経済の流れを読み取る力が必要とされることから、経済や金融について幅広く知識を得ようとする姿勢が求められます。

また、金融業界の面接を受ける場合は、身だしなみを念入りにチェックしておきましょう。

細かいようですが、ネクタイを丁寧に結んでおくと、より引き締まった印象となります。

金融業界の面接で求められることは?

金融業界において求められることは、勉強熱心であることです。

特に銀行では、住宅ローンや投資信託、国債や保険商品など、金融に関するさまざまな商品が販売されています。

しかも、これらの金融商品は専門性が高く、一朝一夕ではその内容を理解することは難しいものばかりです。

それらの金融商品を、顧客に自信を持って勧めるためには、金融商品について深く学ぶ姿勢が求められます。

また、金融業界においては、日々変化する経済の動向を常に把握しておく必要があります。

経済の動きは、勉強することで理解を深めることができますが、それ以上に、日々の情報収集力分析力も必要です。

そのほか、お金を扱う仕事であることから、正確さ几帳面さも求められます。

金融業界の面接で適切な志望動機や逆質問は?

金融業界で求められることについて見てきましたが、金融業界の面接を受ける場合の志望動機は、どのようなものが適切でしょうか。

一例をあげると、「金融という仕事を通じ、経済活性化を果たす仕事をしたい」という動機があります。

金融とはお金を融通すること、つまり、資金の必要な事業者に資金を融通することです。

有望性や将来性のある事業者に融資することで、その事業が大きく成長する場合があります。

金融業は、間接的ではあるものの、経済活性化に貢献する業種であると言えます。

このことが、金融業の醍醐味であると言えるでしょう。

また、金融業界における逆質問としては、どのような内容が適切でしょうか。

適切な逆質問としては、現在の経済動向に関連させた質問があります。

例えば「マイナス金利の状況が継続しており、融資による利益確保は難しいと思われますが、御社は、どのような方法で収益を確保していく方針ですか」といった質問です。

金融業においては、勉強熱心であることが求められますが、経済動向と関連させた質問であれば、面接官から「業界を良く研究している」という評価が得られやすいことでしょう。

身だしなみもポイント!ネクタイは落ち着いた色合いに

そのほか、金融業の面接で抑えておきたいことは服装です。

金融業は、お金に対して常に正確で、「1円たりとも間違ってはならない」ことが求められています。

そのような姿勢を示すこともあり、服装は必ずスーツを着用することが基本となっています。

面接においては、リクルートスーツに白いYシャツのほか、ネクタイも紺色などの落ち着いた色合いのものを選びましょう。

また、ネクタイが落ち着いた色合いであっても、結び方に締まりがないと、面接官にだらしない印象を与えてしまいます。

面接の時期までに、ネクタイの結び方を練習して、結び方のコツを習得しておくと良いでしょう。

金融業の面接においては、身だしなみをしっかりと整え、気持ちを引き締めた上で、面接を受けることを心がけましょう。

(画像は写真ACより)

インタビューメーカーのSNSをフォローして最新情報をチェックしよう!
>インタビューメーカー

インタビューメーカー

顧客満足度No.1
Web面接特化型システム

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。