WEB面接はパソコンで受けるもの?それともスマホでもいいの?

WEB面接はパソコンで受けるもの?それともスマホでもいいの?

How to

WEB面接っていったい何?

これまで面接と言えば、面接官と求職者が直接会って行うものでした。しかし、パソコンやスマートフォンが普及した現代社会ではWEB面接というものが台頭してきました。

WEB面接とは読んで字のごとく、WEB上で面接です。自宅にいながらスカイプやフェイスタイムなどを使って面接を行うことができるのです。

就職活動は求職する側も採用する側にもたくさんの時間とお金がかかります。求職する側は企業説明会や面接地までの交通費がかかり、地方にある企業を受けようとすると何度か足を運ぶだけでかなりの出費に。また、採用する側も企業説明会や面接の準備のためにかなりの時間を割かなければなりません。

そのような煩雑なシステムを取り払ってできあがったのがWEB面接。このシステムを使えば企業に直接足を運ばなくてもいいのです。今では企業説明会からエントリー、一次面接までを全てWEB上で行う企業も存在します。WEB面接を取り入れている企業では、直接顔を合わせるのは最終面接だけというところもあるのです。

 

WEB面接に適しているのはどの機器?

スカイプやフェイスタイムなどのテレビ電話アプリを使うことができればパソコン、スマートフォン、タブレットのどれを使っても大丈夫です。

しかし、音声や画像の安定感を考えるとやはりパソコンが最も適していると考えられます。最近のノートパソコンはマイクやカメラが内蔵されているものがほとんどのため、自分のパソコンにそれらが内蔵されているか事前に確認しておきましょう。内蔵されていない場合は、外付けのカメラやマイクを付けることも可能です。

外付けのカメラやマイクのほうが内蔵されているものよりも画質とマイク機能が優れているものが多いため、WEB面接を受ける機会が多いのであれば買い足しておいてもいいかもしれませんね。

パソコンがない場合はスマートフォンやタブレットを使って面接を受けることになりますが、その場合は必ずカメラの位置を固定します。手に持ったままだと映像がぶれてしまうことがあるため、円滑に面接を進めるためにも必ず、カメラフレーム内に自分の顔と肩あたりまでが入る位置で機器を固定しておきます。

 

WEB面接を受ける時の注意点

WEB面接で最も避けたいトラブルは途中で接続が切れてしまうこと。そのため、Wi-Fi接続ではなくケーブルを使ってルーターに接続しておきたいところです。また、急にパソコンが使えなくなった時にすぐに対応できるよう、面接に使うアプリをスマートフォンやタブレットにも用意しておくとスムーズです。

コンピュータ絡みのトラブルは想像以上に多いため、事前にトラブルが発生した場合はどこに連絡したらいいのかを企業に確認しておきましょう。面接を受ける側に責任があるトラブルでなければ、そのトラブルが原因で不採用になることはまずありません。冷静に対処できるよう、事前にトラブルに対する準備を怠らないようにしておきます。

WEB面接は自宅で受けるのがおすすめです。学校などで受ける人もあるかもしれませんが、自分が慣れた環境であることや邪魔が入らないことなどを考えると自宅がいちばん安心です。自宅でも学校でも部屋にしっかりと鍵をかけ、面接中に誰も部外者が中に入ってこられないようにしておきましょう。

そして、携帯電話は音が鳴らないように設定しておきます。電源を切っておいてもいいのですが、突然のトラブルでどこかに連絡をしなくてはならないケースもあるため、音が鳴らないように設定し画面を下にしてパソコン画面に映り込まない位置に置いておきます。

(画像は写真ACより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!