面接はWebで行うことに!Web面接に適した服装は?

面接はWebで行うことに!Web面接に適した服装は?

How to

Web面接であっても、服装はスーツが基本

Web面接を受ける場合の服装はスーツが基本となります。自宅で面接を受けるのだから、自由な服装にしたい、と思うかもしれませんが、この場合はスーツを着用しましょう。

それでは、なぜWeb面接の服装はスーツなのでしょうか。そこで、スーツを着用する意味について掘り下げていくことにしましょう。

スーツとは、「ビジネスに意欲的に取り組む」という気持ちを、服装で示したものと言えます。つまり、スーツを着用することによって、気持ちを仕事に切り替えていることを示しています。

面接官の立場から見た場合、パソコンの画面の向こう側に、スーツを着用し、気持ちを引き締めた応募者が面接に臨んでいるなら、採用に前向きになることでしょう。

ビジネスに携わる者にとって、服装は重要な意味合いを示します。そのため、Web面接であっても、スーツを着用した上で面接に臨むことが大切なのです。

 

スーツは、黒系のスーツがベスト

それでは、Web面接時に着用するスーツの色は、何色が良いのでしょうか。

 

できる限り、リクルートスーツと同様に、黒系のスーツを選びましょう。なぜなら、黒い服装を着用することにより、引き締まった印象となるためです。

また、黒以外のスーツを着用する場合なら、濃い紺色、または濃いグレーのスーツを選びましょう。

もし、それ以外の色のスーツを着用してWeb面接に臨んだ場合、面接官の立場からすると、応募者に対しては良い印象を受けないのです。

その理由は、会社とは、社員全員が一つの方針に向かって業務を進めていくためです。仮に、黒系以外のスーツを着用して面接に臨むと、面接官は、「会社の方針に沿った行動ができない人だ」と判断し、採用を見送ってしまうことでしょう。

そのため、Web面接とはいえ、スーツの色は黒系が適切なのです。

 

Yシャツやネクタイは、どのようなものが最適?

黒系のスーツに合わせるために、Yシャツは白いものを着用しましょう。

通常のビジネスシーンにおいては、ストライプ柄のYシャツを着用する場合もありますが、面接においては、Web面接を含めて、ストライプ柄のYシャツは好ましいものではありません。

なお、男性の場合、着用するネクタイは、シンプルな柄のもので、落ち着いた色合いのものを選びましょう。黒系のスーツに白いYシャツであれば、シンプルなネクタイの方がうまくコーディネートされます。

 

身だしなみ、部屋の整理整頓にも気を配る

Web面接は、会場が会社ではなく自宅であることから、気持ちが緩みがちです。特に気をつけたいことは身だしなみです。

たとえ、黒系のスーツに白いYシャツ、そして、男性の場合はシンプルな柄のネクタイで決めたとしても、髪型がボサボサであったり、そして、男性の場合はひげを剃るのを忘れたりしたら、せっかくの服装が台無しです。

ビジネスシーンにおいては、身だしなみを整えることで好印象となりますが、それは、Web面接においても同様です。

そのほか、Web面接を受ける前の日までに、部屋をきれいに掃除して、不要なものは片付けておきましょう。部屋を整理整頓しておくことで、面接官の印象がアップしやすくなります。

Web面接においては、服装はもちろん、細かい点にも気を配ることを心がけましょう。

(画像は写真ACより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!