面接で問われる「キャリアプラン」どのような内容にすれば良い?

面接で問われる「キャリアプラン」どのような内容にすれば良い?

How to

長期的な計画を立てることは、今後のためにも重要

新卒面接においては、キャリアプランについて質問されることがあります。

入社5年後、あるいは10年後のビジョンについて質問されたとしても、将来のことは全く想像もつかないと感じ、上手く答えられないと感じるかもしれません。

しかし、事前に5年後、あるいは10年後のビジョンについてあらかじめ考えておくことで、入社後、目的意識を持って業務に取り組むことができるのです。

キャリアプランを作成するには、どのような書き方をすれば良いのでしょうか。

キャリアプランとは?

面接で質問されることがあるキャリアプランですが、キャリアプランとは、入社後のビジョンや目標について、事前に計画を立てておくことです。

例をあげると、「現場での経験を十分に積んだ上で、プロジェクトのリーダーとして活躍する」というものがあります。

事前にキャリアプランを考えておくことで、計画したことを達成させるためには、いつまでにどんなことを実行すれば良いのか、ということが具体的に分かるようになります。

キャリアプランを立てることによって、目的意識を持ちながら積極的に業務に取り組むことが可能となるのです。

女性のキャリアプランはどのように決めれば良い?

女性の場合、「結婚」や「出産」によって、人生そのものが大きく変化する可能性もあることから、キャリアプランが立てにくいと感じるかもしれません。

しかし、そのような場合においても、5年後、10年後などの将来のビジョンを描いておくことが大切です。

その理由は、長期間にわたるビジョンを描いておくことにより、1年後、あるいは2年後など、比較的短い期間にどのようなことをするべきか、ということが明確になるからです。

それによって、仕事のモチベーションが高まるのです。

常にベストの状態で仕事に臨むためにも、キャリアプランを立てて自分のビジョンを明確にしておきましょう。

管理職を目指す人のキャリアプランは?

次に、主な業種別のキャリアプランについて見ていくことにします。

金融業や小売業などで管理職を目指す人の場合、最初は現場での業務に従事します。

現場での経験を積むことにより、問題点や改善すべき点が見えてきて、管理職になったとき、それらの経験を活かしながら業務にあたることができます。

そのため、管理職を目指す人のキャリアプランとしては、以下のような例があります。

「私のキャリアプランは、10年以内に部長職を目指すことです。そのために、現場であらゆる経験を積み、普段から幅広い視野を持つことを重視し、的確な指示を出して部下をとりまとめることができる管理職を目指します。」

技術職を目指す人のキャリアプランは?

次に、メーカーやIT企業など、技術職を目指す人のキャリアプランについて見ていくことにしましょう。

技術職を目指す人の場合、キャリアプランの内容としては、自分の興味や能力を活かし、技術職として活躍していくこととなりますが、技術職としての経験を活かし、リーダーとしての責務を果たす、という内容があります。

そのため、技術職を目指す人のキャリアプランとしては、以下のような例があります。

「私はものづくりが得意なので、独自の製品開発に取り組んでいきたいと考えています。また、ものづくりの現場経験と製品開発の経験を活かし、将来的には、新商品開発のプロジェクトリーダーとして活躍することが目標です。」

キャリアプランを作成する場合は、最終的なビジョンを定めた上で、そのためにはどのようなことをするべきか、ということを考えておくと良いでしょう。

(画像はぱくたそより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!