第二新卒と既卒の違いは?転職を有利に進める方法

第二新卒と既卒の違いは?転職を有利に進める方法

Column

第二新卒と既卒の違い

大学を出たらすぐに就職し、社会人として働き始める人が多い中で、大学を卒業後に就職しても、すぐに仕事を辞めてしまう人がいます。

仕事が合わない、人間関係で問題を抱えている、などの理由から、3年以内に仕事を辞めてしまった人のことを第二新卒と言います。

短期間とは言え、社会人として働いていた経験があるため、新卒の次に優遇されやすい人材です。

一方、大学を卒業後、1度も就職したことのない人を既卒と言います。

第二新卒のような社会人経験がないため、1からの教育が必要になりますが、前職の経験などにこだわることなく、まっさらな状態で仕事に向き合えるため、新しい職場でも仕事を吸収しやすいと言えます。

第二新卒の特徴

第二新卒は、新卒とほぼ同じ条件を備えながら、社会人経験を持っているため、採用においても重宝されます。

短期間とは言え社会人として働いていたわけですから、基本的なマナーや仕事への向き合い方などを教えるコストがありません。

その上、社会人としての経験は短いため、妙なこだわりが少なく、若さ故に吸収力も豊富となれば、人材としては魅力的と言えるでしょう。

第二新卒のデメリット

そもそも第二新卒は3年以内に早期退職している人たちですから、再び早期退職してしまう可能性も否めません。

つまり、企業側に「また辞めてしまうかも知れない」と思われている可能性があるのです。

そうしたマイナスのイメージを払拭するためにも、前職で辞めた理由は、スキルアップやキャリアアップなど、ポジティブなものにする必要があります。

その上で、この会社で何がしたいのか、自分のビジョンをしっかりと示すことが大切です。

仕事を辞めるということには、それだけマイナスのイメージが強いということを理解しておきましょう。

また、第二新卒の特徴として、モラルの低さも挙げられます。

新卒よりも少しだけ社会人経験があるという微妙な立場であるため、遅刻しても謝らない、メモを取らないなど、マナーの面でマイナス印象が目立つのです。

ですから、面接では新卒の時以上にマナーに注意を払いましょう。

新卒よりも高いスキルや常識力を求められていることを意識することが大切です。

既卒の特徴

一方の既卒は、第二新卒に比べて社会人経験が1度もない点が劣りますが、前職での経験がないと言うことは、それだけこだわりも少なく、こだわりも少ないということにもなります。

ただし、社会人としての基本的なマナーから教育する必要があるため、第二新卒と既卒と比較すると、人材としての強みにはやや欠けると言えるでしょう。

既卒として就活するポイント

社会人経験があり、基本的なマナーや仕事のやり方を1から教えるコストにおいては、既卒は第二新卒に及びません。

では、第二新卒のように社会人経験のない既卒は、どのように就活すればよいのでしょうか。

既卒は、大学を卒業後、1度も就職していないとは言え、その期間はおよそ3年だと言われています。

つまり、社会人経験がないとは言え、まだまだ若さがあるということ。

その点を活かし、仕事への意欲や社風に合わせるなどの努力を見せることで、早期退職者に備えたい企業にアピールすることは十分に可能です。

若さを活かしたフレッシュさと前向きな姿勢を存分に活かして、既卒でも臆することなく、積極的に求人に応募してゆくことが重要です。

また、既卒の就活に強いエージェントもありますから、エージェントごとの特徴を見極め、自分に合った就活に役立てましょう。

第二新卒や既卒は、新卒とは条件が異なります。

求められていることも、キャリアや年齢などによって微妙に変わってきます。

企業側が求めるものをきちんと理解し、第二新卒や既卒の強みを活かした就活を行うことが、成功のカギです。

(画像はPixabayより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!