20~30代での転職!女性の転職で必要な資格とは?

20~30代での転職!女性の転職で必要な資格とは?

Column

転職成功のカギは?

大学を出て働き始めても、数年経つと転職を考える人はいるでしょう。

そこで考えることの一つに、資格のいる職業かどうかではないでしょうか?

今回は就活における資格関連について説明をします。

転職に有利な資格は?

転職するということは、前職での地位や経験は必ずしも役に立つとは限りません。

ゼロからのスタートとなる場合も多いですから、少しでもスキルを身につけておくことをおすすめします。

では、転職する時に持っていると心強い資格をご紹介しましょう。

TOEICは、英語を使った全般的なコミュニケーション能力を測る検定です。

聞き取り、読み取りそれぞれ100問の試験を行い、読み書き能力や会話能力を判定します。

近年はビジネスシーンにも英語が必要な場面が増えつつありますし、持っていれば武器の1つになることは確かですよ。

そして、根強い人気を誇るのが簿記検定です。

財務諸表や計算書類などを扱う場合に役立つ資格で、会計処理や決済業務などの経理職に携わる場合に欠かせません。

もちろん、経理以外にもリスクマネジメント金額交渉などで有利に働くので、持っていると便利な資格です。

また、秘書技能検定も女性の資格では人気が高いですよ。

職務知識や一般知識、接客態度やマナー、言葉の使い方など、幅広い能力が求められるため、秘書に限らず、コンシェルジュオペレーターなど、接客に関わる幅広い職業で役に立ちます。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)もパソコンを使った業務が多い現場では強みになります。

特徴は、世界共通の合格認定書が取得できるという点。

日本国内だけでなく、海外でも役に立つので、持っていると心強いですね。

この資格を持っていれば、マイクロソフトオフィスの「Excel」「Word」を使いこなせるという強みで、自分を売り込むことができます。

医療事務も、よく目にする資格ではないでしょうか?

この資格を持っていれば、医療機関で事務の仕事に就くことができます。

一般事務との違いは、外来受付や会計、カルテ管理だけでなく、患者への対応もあり、対人スキルも必要となることでしょう。

医療機関は日本全国にあるので、資格を持っておくと転職の選択肢が広がりますよ。

自分の状況や年齢、希望職種などとよく照らし合わせて、相性のよいサイトを見つけることが転職成功のカギですよ。

また、転職活動を始めてからは忙しいので、働きながら資格を取っておくのも賢いやり方です。

(画像はPixabayより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!