ぜひ知っておきたい!成長する企業の見極め方

ぜひ知っておきたい!成長する企業の見極め方

Column

企業選びも重要なポイント

就活では、数多くの企業を受ける人が大半でしょう。

企業にはそれぞれ特色があり、向き不向きもあります。

実際に働いてみなければ、いくら入念に情報をチェックしたり、面接に力を入れたりしても、細かなところまでは分かりません。

しかし、どうせ入社するなら、成長が見込める企業がよいですよね。

自分と企業の将来を見据えた企業選びをすることも、就活を成功に導く重要なポイントです。

では、成長企業を見極めるポイントを見ていきましょう。

会社のホームページを見る

企業のホームページには、会社の理念が書かれていることが多いですから、ここをチェックすることで、成長企業かどうか見極めるヒントになります。

なぜなら、ベンチャー企業や中小企業などの場合、経営者の方針は会社の経営方針そのものであることが多く見られるためです。

ですから、会社としての理念を記載していない会社は、明確なビジョンがないかも知れません。その可能性も加味して企業選びをすることが大切です。

営業収益を見る

上場企業の場合ならば決算短信などから情報を得られますし、上場していない企業でも、決算告示などから知ることができます。

営業収益というものは、売上純利益から経費を差し引いた収益であり、業界で比較し、平均以上の営業収益を上げている企業は成長企業と見込んでもよいでしょう。

売上の伸びを見る

将来性を見る意味合いでは、売上の伸びを見ることも重要です。見る時のポイントとしては、競合他社と比較するとよいでしょう。

決算情報の借入金やキャッシュフローを見る

これは、企業の健全性を確認する意味で重要です。

ただし、一見すると売上が落ちているように見えても、実は先行投資を行っている場合もあります。

こうした企業は、今は利益が落ちているものの、将来的には成長を期待できる可能性がありますよ。

組織の運営について知っておく

企業を知るためにポイントとなるのが離職率でしょう。

離職率が高い企業は、運営が上手くいっていない可能性も考えられます。

また、面接などで企業を訪れた時には、そこで働く人の様子を観察しておくことも大切ですよ。

従業員にやる気がみなぎり、明るい表情で働いている場合には将来性を期待できますし、どことなく暗い雰囲気が漂っている場合には、あまり希望を抱いて仕事をできていない可能性もあります。

もちろん従業員や企業の雰囲気だけでは将来性を図ることは難しいですが、現場の空気も参考としては重要なポイントと言えるでしょう。

柔軟性はあるか

新商品や新しいサービスを導入していたり、ライバル企業にはないビジネスモデルを導入していたりと、柔軟性のある企業は、将来性を期待できるかも知れません。

ホームページにはプレスリリースなど、企業の新サービスや新商品などの情報も載っていますから、こまめにチェックしておくとよいですね。

ベンチャー企業は、大企業ほどの規模ではないため、自由が利きやすく、自主性が尊重されやすい環境にあります。

自分で課題を見つけ、克服する道を探してゆくのも大きなやりがいと言えるでしょう。

(画像はPixabayより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!