WEB面接を積極的に採用している業界はどこ?

WEB面接を積極的に採用している業界はどこ?

Column

なぜWEB面接が増えてきているのか

従来の面接は受けたい企業に直接出向いて面接を受けるというものでした。しかし時代は変わりつつあります。近年、直接企業に出向いて面接を受けるのではなく、自宅からパソコンやスマートフォンなどを使ってWEB上で面接を受ける「WEB面接」を採用する企業が増えてきているのです。

WEB面接を採用することで企業にも応募者にも多くのメリットがあります。

 

企業にも応募者にもメリットがある

新卒の応募者は自分が働きたい企業をいくつもピックアップし、企業説明会から面接など多くのプロセスをこなさなくてはなりません。特に面接などの選考を受けたい企業と住んでいる地域が異なる場合、費用面でも時間の面でも応募者に負担としてのしかかります。

しかしWEBを使った面接なら、応募者は自宅に居ながら面接を受けることが出来ます。これなら移動時間や交通費もかからないため、応募者は効率的に就職活動を行うことが可能です。

もちろん企業側にもWEB面接のメリットは存在します。大企業になると多くの応募が集まるため、面接のために会場を押さえたり、時間を作ったりするのも容易ではありません。

その点WEB面接なら面接会場を押さえる必要がありません。また面接の様子を録画しておけば、複数の面接官の目で応募者を評価することも可能です。

企業にとって最も重要なことは優秀な人材を採用することではないでしょうか。これまでの面接方法だと面接スケジュールなどが重なってしまった場合、応募者は面接を受ける企業を選ばなくてはなりません。

これは企業にとって優秀な人材を逃すことに繋がるのですが、WEB面接なら双方がスケジュールを調整しやすくなるため、お互いのミスマッチが減ります。

 

WEB面接を採用している業界は?

では、どのような企業がWEB面接を取り入れているのでしょうか。

積極的にWEB面接を取り入れているのは、WEBクリエイター、WEBデザイナーなどを募集しているIT企業が多いようで、やはり日常的にWEBを使う企業が多いようです。また、人事組織の中にITに強い人が存在するか否かも関わってきます。

WEB面接は自宅で作業することも出来る職種や外部とコミュニケーションを取る機会が少ない職種に向いています。SEやプログラマー、WEBクリエイター、WEBデザイナーなどは専門的な知識が必要で業務目標を達成するためにこつこつと仕事を積み上げていかなくてはなりません。

このような仕事ではコミュニケーション能力よりも業務達成能力が重要視される可能性があるため、面接はWEB面接で済ませた上で、自己アピール動画や制作物の提出によってその人の能力の有無を測る方が、優秀な人材を獲得する近道になります。

人材不足の業種でもWEB面接は積極的に取り入れられています。人材が不足している業界では一人でも多く、従業員を確保することが重要です。長時間の面接で応募者がどのような人物なのかじっくりと知るよりも、ある程度の基準を満たし、必要とされているだけの能力があるかを短時間で見極めて、能力があれば、すぐにでも採用したいところです。

そのため、人材不足が深刻化している情報サービス業界や飲食業界などは効率的でスピード感のあるWEB面接を積極的に採用しています。これらの業界では正社員だけでなく、パートやアルバイトの募集にもWEB面接を取り入れているところもあります。

(画像は写真ACより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!