新卒面接の正念場「三次面接」を成功させる方法

新卒面接の正念場「三次面接」を成功させる方法

Column

事前対策で三次面接の通過率を上げよう

一次面接、二次面接を無事クリアしたら、次はいよいよ三次面接です。

三次面接が最終面接となる会社も多いので、最後の正念場ともいえるでしょう。

二次面接までは採用を前提とした質問が行われます。

三次面接までたどり着くと、あとは顔合わせだけと一安心する人も多いのですが、油断は禁物です。

確実に合格するためには、しっかりと三次面接対策を行うことが大切です。

三次面接でよく出される王道の質問と、その質問の目的についてまとめました。

面接官も役員クラスが出席することが多いですから、新卒面接の中でもかなり緊張を強いられることなります。

気を引き締めて面接に臨みましょう。

三次面接の王道の質問とは?

三次面接でよく出される王道の質問には、次のようなものがあります。

まず「弊社を志望された理由を、改めて聞かせてください」といった質問が王道といえます。

また、「同業他社が数ある中で、なぜ弊社を志望されたのでしょうか?」、「弊社で働かれる場合のキャリアプランがあれば聞かせていただけますか?」などもよく出される質問です。

このような質問の意図は、会社の業務内容や経営方針とマッチしているかどうかのチェックです。

経営方針を理解し、納得している人材でないと、せっかく採用しても退職してしまう可能性があるため、このような質問で適性を測るのです。

三次面接に臨む前に、今一度応募する会社のホームページをチェックするなどして、会社の経営方針や営業理念について確認しておきましょう。

経営方針や営業方針に沿った回答をすることで、会社の方針を理解していることが面接官に伝わり、ミスマッチの心配が少ない人材と判断されて有利になります。

逆質問は突っ込んだ内容で

こちらから行う逆質問についても、しっかりと考えておきましょう。

逆質問とは、面接官が「何か質問があればどうぞ」と促して、通常とは逆に、面接官に対してこちらから質問をすることをいいます。

逆質問の場合も、入社を見据えて、具体的な質問をしないと意欲を疑われてしまいます。

最も一般的な逆質問は入社後にどのような仕事をするのかなど業務内容に関する質問です。

このほか「面接官の皆様がこれまでお仕事をされてきて、最も困難に感じたことを教えていただけますか?」など、面接官についての質問も効果的です。

逆に「面接官の皆様が、入社されて最もやりがいを感じられたことは何でしょうか?」入社を見据えた意欲的な質問として、好印象を与えます。

身だしなみや表情にも油断をしない

三次面接や最終面接をクリアするためには、企業情報の収集はもちろんのこと、志望動機をより具体的に煮詰めておくことが大切です。

また、提出した書類内容やこれまでの面接の回答内容と矛盾せず、一貫性のある回答をするよう心がけてください。

三次面接は内定を得るための正念場となります。

質問内容を事前に想定するのはもちろんのこと、身だしなみや姿勢、表情、話し方にも十分に注意して好印象を与えるよう努力しましょう。

(画像はPixabayより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!