日本の常識は世界の非常識!?日本の就活を、海外の人はどう感じる?

日本の常識は世界の非常識!?日本の就活を、海外の人はどう感じる?

Column

日本の就活は、型にはまり過ぎ?

日本の就活生にとっては、スーツは黒系のリクルートスーツ、髪は黒い色、バッグも黒系とするなど、全体的に黒い色でまとめることが当たり前となっています。

しかし、外国人から見ると、「日本の就活は、あまりにも型にはまりすぎていておかしいし、異常だ。」と感じることがあるようです。

そもそも、世界の就活事情はどのような状況なのでしょうか。

世界と日本の就活事情を比較しながら、就活について客観的に見ていくことにしましょう。

世界的に見ると、採用においては即戦力を重視

世界各国の就活事情について見てみると、即戦力を重視する傾向が見られます。

つまり、新卒だからといって就職しやすいわけではなく、戦力外とみなされれば、採用には結びつかないのです。

即戦力の人材を重視するアメリカでは、大学での専攻や研究内容を重視するだけでなく、成績も重視しています。

そのため、在学中は学業に全力を注ぐ傾向も見られます。

また、世界の国々では、即戦力を重視する傾向から、そもそも「新卒採用」という発想が少ないのが現状です。

そのような理由から、学生はインターンに参加し、仕事のスキルと経験を積み重ねながら即戦力としての実力を身につけ、就職へと結びつけていくのです。

なお、日本では、大企業に就職することがステータスとなりますが、世界では、就職するよりも起業する方がよりステータスが高い場合があり、必ずしも就職にこだわっていない一面も見られます。

日本の就活事情の特徴は?

次に、日本の就活事情について見ていくことにしましょう。

日本では、3月に大学を卒業して、4月から仕事を始める流れとなっていることから、それに向けて就職活動が行われることになります。

就活生としては、早い段階で内定を決めたいこと、そして、企業としては、優秀な学生を確保したいとの思惑もあり、主に大学3年生の頃から就職活動を始めることになります。

日本ではかつて、就職活動を前倒しする傾向が見られましたが、学業に差し支えることが問題点として取り上げられたことから、現在では、経団連が主導となって、3月より企業説明会を開始し、6月から選考を開始する流れとなっています。

そのほか、身だしなみや服装を統一し、マナーを守ることも、日本における就活の特徴です。

服装は黒系のスーツで、髪は黒色でスッキリとした印象にまとめることが基本となります。

面接時は礼儀正しいことが基本で、お辞儀を丁寧にしたり、丁寧な言葉遣いでハキハキとした受け答えをしたりして、採用担当者に好印象を与えることが重要となります。

日本の就活に対する海外の反応は?

日本人である私たちから見た場合、日本の就活のルールやマナーは守って当たり前のことと感じていますが、海外から見た場合、日本の就活はどのように見えるのでしょうか。

外国人にとっては、日本の就活生にとって当たり前に感じられる「黒系のリクルートスーツ着用で、髪は黒色」ということに違和感があるようです。

自由を重んじる外国人の中には、黒系のリクルートスーツで統一することの意味が見いだせない方も見られます。

さらに、面接室に入室するときのマナーやお辞儀の仕方なども、外国人としては、「そこまでしなくても良いのではないか」という反応が多く見られます。

このように、日本の就活に対する海外の反応としては、違和感がたくさんある様子が見て取れます。

日本の就活生としては、就活のルールやマナーを守ることが基本ですが、今後は、海外からの視点をもとに就活を見直し、従来の方法にこだわらない姿勢も必要なのではないでしょうか。

(画像はぱくたそより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!