アルバイトの面接がWEB面接!対面の面接と何が違うの?

アルバイトの面接がWEB面接!対面の面接と何が違うの?

Column

アルバイトとWEB面接

最近では、新卒・中途採用のシーンにおいて、対面の面接ではなくビデオ通話アプリを使った新しいスタイルの面接(=WEB面接)を導入する会社が増えてきています。

アルバイトの採用でも同様に、選択肢の1つとして、WEB面接を導入する会社もあります。

都内大学生736人を対象にしたブルーエージェンシーの調査によれば、「応募先の企業がWEB面接を採用していれば希望したい」という学生は68%に上りました。

数年前までは、オンラインの面接に抵抗を感じる人も少なくはありませんでした。

しかし、最近ではスマホを使って簡単にアルバイト採用面接を受けられるアプリがリリースされたり、チャット形式で応募先とやりとりができるようになったりと、WEB面接そのものに対する心理的ハードルが下がったように思えます。

参考元:アルバイトの面接 WEBで行いたいと思っている人は○人に1人
http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/303357

WEB面接と対面式の面接の違いは?

アルバイトの採用面接を受ける際に、WEB面接と対面式の面接だと違いはどのような点にあるのでしょうか。

質問項目や望ましい服装、言葉遣い、マナーなどは、基本的にWEB面接と対面式の面接とでは違いはないと考えても問題はありません。

しかし、WEB面接に特有の注意事項が何点かあるため、ここで紹介しておきたいと思います。

1.周囲の騒音・雑音に配慮した場所選びをする
2.Wi-Fiが安定した所を選ぶ(不安定な公衆Wi-Fiの利用は避ける)
3.事前に映像を確認しておく(最低でも相手の画面に映る部分は整理整頓をする、顔が暗くならないように明るさを調整するなど)
4.スマホやタブレットを使用する場合は、手で持たず予めカメラを固定しておく
5.WEBカメラのレンズを見て話す(画面を見ると相手からは目線が下がったように見える)

家電量販店のノジマでは、アルバイト採用においてSkype面接を導入していますが、面接官は顔を出さないということもあるそうです。

どこを見て話していいのか、一瞬困惑してしまいそうですが、このような場合でも「レンズを見て話す」ということを心がけていればOKです。

アルバイトの典型的な質問項目

アルバイトの採用面接において、聞かれることは大体同じです。

勿論、応募先によっては掘り下げた質問をされることもありますが、基本的には以下のような質問に対する答えを用意しておけば心配する必要はありません。

逆に、このような質問は必ずされるものだと思って、準備を怠らないようにしなければなりません。

Q.勤務開始日、勤務時間等について
「いつから働けるか/いつまで働けるか」、「1日何時間/週に何日/何曜日に働けるか」という自分のスケジュールをすぐに言えるようにしておきましょう。

Q.通勤手段について
自宅や学校からの通勤時間や通勤手段について、予め乗り換え検索アプリや地図アプリで調べておきましょう。

Q.過去のアルバイト経験
例えば、「カフェでホールを1年やっていた」など。前のアルバイトを辞めた理由を聞かれることもあります。

Q.志望動機、応募理由
「お金が欲しいから」「仕事が簡単そう」というような条件面の理由だけでなく、「接客やレジ操作のスキルを身に付けたい」「自分の体力を活かしたい」というような意欲的な理由を考えましょう。

Q.アピールポイント
自分の長所をアピールしましょう。できるだけ、仕事に結びつくような長所が望ましいです。

さいごに

WEB面接のいいところは、このような質問に対する答えを予め用意することができるです。

ただし、面接中に答えを凝視しすぎたり、書いた文章をそのまま読み上げたりするようなことは避けてくださいね。

ところで、WEB面接を行っている代表的な企業は、ユニクロ、ミニストップ、ノジマです(一部店舗)。

WEB面接を受けたことのある人は、前述したブルーエージェンシーの調査によると15%に留まっているようです。

このように、WEB面接を採用している企業はまだまだ少ないのが現状です。

しかし、全体の36%が「面接地への移動が大変だと感じた事がある」、71%が「手書きの履歴書を書くことが大変だと感じた事がある」と答えており、アルバイト求職者のWEB面接に対する需要は高いと言えるでしょう。

一方で、昨今は「アルバイトの人手不足」が深刻化しているため、アルバイト募集を増やすために、WEB面接を導入する企業はどんどん増加していくと予想されます。

アルバイト求職者側にとって、WEB面接は「気軽に・リラックスして」「面接地へ移動することなく」面接を受けることができるというメリットがあります。

もし、アルバイトを応募する際にWEB面接での募集を見かけたら、臆せずトライしてみましょう!

(画像はPAKUTASOより)

  • App Store
  • Google Play

カンタン便利なWEB面接サービス

いつでも、どこでも、スマホで面接。
スマホやPCで、場所を問わず面接が受けられる
WEB面接サービス「インタビューメーカー」。
登録カンタン、手書きの履歴書も不要で即エントリー可能。
撮影した動画を送るだけで応募できる「動画選考」機能も搭載!